介護や福祉業界で働ける理学療法士の専門学校に通おう

専門性の重要性

ウーマン

学生の数が減り、以前ほど学力が無くても医療系専門資格を習得できる大学に比較的簡単に入学できます。しかし必要な人数が限られているため、国家試験等で有資格者をコントロールしています。大学は自分で勉強しなければならないが、最後の学年だけは塾講師に頼る方が効率的です。

専門的に学習しよう

鍼灸

鍼灸の仕事は資格を取得することが先決です。専門学校で専門的に学習することが、一番の近道と言えます。社会人になってから資格を取得することも可能です。また、目の不自由な人でも働きやすい環境となっているところが人気です。

需要増加で将来性に期待

男女

福祉サービスを必要としている方に、支援やアドバイスをするのがソーシャルワーカーの役割です。しかし、的確なアドバイスや支援をするには、専門的な知識が必要となるため、社会福祉士の国家資格を取得することが必要です。

介護や福祉の現場で働く

レディ

体が動けるようにサポート

高齢化社会に向けて必要とされる仕事の1つが理学療法士です。高齢で自由に体を動かせなくなった人に、座ったり立ったり歩いたりといった基本の動作をサポートし、機能を回復させる仕事です。高齢者だけでなく身体に障害を負った人に対するサポートも行います。理学療法士になるには国家資格を取得する必要があります。受験資格を得るためには高等学校を卒業語、国が認定した専門学校に通います。理学療法士の就職先としては通所リハビリステーション、病院や診療所、障害者福祉センターなどがあります。その他にも役所の行政サービス部門や保健所などで介護予防の仕事をすることができます。最近増えているのがスポーツジムなどでの健康管理やサポートの仕事です。

実習ができる学校を選ぶ

理学療法士は運動機能を回復させるのが仕事なので、専門学校を選ぶ時にも実習設備が整っている所を選ぶことが重要です。実習経験が多ければ多いほど、実際の現場に配置された時に効率的に動くことができます。専門学校の中には付属病院が併設されている所があります。そのような専門学校へ入学すると、実際の病院で実習ができるので技術が早く身につきます。また体が思うように動かせない高齢者や障害者は、心理的に落ち込んでしまうケースが多いのです。そのためには心理学などもカリキュラムされている専門学校の方が有利になります。いくら資格を取得しても、性格的に向いていないと仕事もうまくいかないことが多いです。理学療法士を目指すなら、我慢強い性格で、相手の気持ちを汲み取ることができる人が必要とされます。

このエントリーをはてなブックマークに追加