専門性の重要性|介護や福祉業界で働ける理学療法士の専門学校に通おう

介護や福祉業界で働ける理学療法士の専門学校に通おう

専門性の重要性

ウーマン

団塊世代と異なり、近年では子供の数が減少しています。しかし大学の数は以前より増加しており、多くの私立大学では店員割れをしています。店員割れした場合、大学ごとに規定されている枠を利用し、専門資格が取れる学部を設立し学生確保を試みるところも多いです。専門資格は一緒物であることが多く特に医療系は人工知能や情報技術が発達しても無くなることはないため人気があります。また国としても医療の知識を持っている方が多いことに越したことはありません。いろいろな条件が重なり、今日では大学を選ばなければ、誰でも医療系の資格を取れるチャンスがあります。しかし、実際に必要な人数は一定なため国家試験を難しくして医療系資格所有者を制限しているため、難易度は上がりつつあります。

高校までは塾に通いある程度勉強の仕方を教えてくれてました。しかし大学になるとすべて自分で自分なりの勉強法で知識を付けていく必要があります。もちろん講義も大事ですが、友達との議論や助け合いも大切です。これは仕事をしてからも同じで医療系の場合特に、数年で全く違う治療法に変わっていることもあるため生涯学習が大切です。大学はそのために練習期間であり、決して誰かが導いてくれるところではありません。国試の難易度、傾向は毎年異なり大学教員でもついていけません。そこで多くの場合最終学年のみ予備校の講師に受験対策をお願いしています。専門家であるため、大学講師の話では分からないことも予備校講師ならすぐにわかることもあるため、最終学年では積極的に利用したほうがいいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加