需要増加で将来性に期待|介護や福祉業界で働ける理学療法士の専門学校に通おう

介護や福祉業界で働ける理学療法士の専門学校に通おう

需要増加で将来性に期待

男女

必要な条件を確認

ソーシャルワーカーをするには資格の取得が求められます。社会福祉士の国家試験に合格して、登録することでソーシャルワーカーとしての活動が始まります。福祉系の4年制大学で厚生労働省が定める履修科目を終えていると国家試験の受験資格が得られます。ただし、履修した内容によっては追加で基礎科目履修と、余生施設に6か月以上通うことで受験資格を得ます。また、福祉系の短期大学や専門学校を卒業した場合、該当する機関の相談援助実務経験をして社会福祉士の国家試験を受けることになっています。ソーシャルワーカーとして働くには、以上の条件を満たしたうえで、社会福祉士の国家資格を取得することが必要です。同じ福祉系の大学でも履修内容の確認をしてから選択すると、効率よく受験を目指せます。

高齢化でニーズ上昇

ソーシャルワーカーの資格を取得後、指定の機関に登録すると仕事を始められます。就労先には、老人介護施設や障がい者福祉施設、児童相談所などがあります。病院や自治体などでも、ソーシャルワーカーの有資格者が求められています。経済的に、また健康問題によって生活が困窮する方をサポートするのがソーシャルワーカーの仕事です。高齢化によって、生活に困窮する方が増える可能性も指摘され活躍の場が多くなると見込まれています。近年は国を挙げて障がい者の就労支援を行っているため、障がい者福祉施設ではソーシャルワーカーの支援を受けて、就労を目指す方も増加するでしょう。このように福祉サービスを必要とする方の増加に伴って、社会福祉士はより求められる存在になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加